jncc爺ヶ岳戦終了!

「大変なレースだったな~。
ガレ場の上りがすごいんだ。長いし急だし、石もゴロゴロしていて、それが動くんだよ。
スキー場の一番上のリフトの辺りだもん。スキーの上級者向けのコースと同じだよ。」

「ガレ場が渋滞するからさぁ、すり抜けるのが大変なんだ。
ガレ場の下に50~60台くらいが常にいて、ガレ場の上りの途中には止まっている人が沢山いる。
うまい人はスピード乗せたまま行くし、狭いところもパスしていくけど、
オレなんかは ギリギリのスピードでいくから ちょっとアクセル戻すともうダメなんだ。」

「トップ以外の半分くらいの人が 周りに助けてもらっていたよ。
半分くらいは自力で上がってたかもしんねぇけど、オレなんかは 頑張りすぎると 次の周で疲れちゃうんだ。」

「ガレ場はほとんど失敗したよ。
ノントラブルでうまくいったのは4回くらい。
助けてもらったのも4回くらいあった。
その他は再挑戦して上がれたって感じだな。
あの上りは勢いと技量と運も必要だったよ。本当に辛いレースだった。
またこのガレ場かよーって感じだったよ。」
途中でやめたくなったと話すライダーも多くいたようだが、石井も同じだった。
「2周目で止まった時は、身体もまだついてきてないし、もう止めたいと思ったよ。」

9位という結果に、
「あの渋滞はひどすぎた。坂の途中に常に誰かがいる状態で、そこを縫って走るようだったから。
あのガレ場の渋滞さえなかったらな~」
レース終了直後、石井はそう言ってかなり悔やんだ。
2位以下のライダー全員が何かしらに悔やむと思うのだが、相当悔しかったらしい。

レース会場から離れ、気持ちも落ち着く頃には、
「今のオレに出来るだけの走りはしたな。」と振り返る。

***

今回のレースも、マッドオフやリクルス、CCVバルブや320gリチウムバッテリー、
その他の装備・装着品の総合力で無事に走り終えた。

石井が選ぶアイテムは、
レースで勝つ為に、レースを楽しむ為に欠かせないこと、
そして使用するメーカーブランドは、経験豊富な石井が多くの中からセレクトし、
自信をもってお客様にお奨めできる。

ハスクバーナも、その一つ。
「上り坂でのパワー感も良かった。2stに負けない走りが出来たんだから。
フカフカのワダチなんかも剛性のバランスが良いから、安定していた。
だから攻めて走る事が出来たんだ。」
石井はそのポテンシャルの高さでハスクバーナを選んだ。

そしてそこにもう一つ、
インポーターMVアグスタジャパンへの信頼感がある。
「ユーザー第一主義」
同時にハスクバーナディーラーも熱い。
オープンエリア中嶋さん(愛知県)を筆頭に、
勿論ビアーズ(神奈川県)も、
レアルエキップ河合社長(静岡県)も、
スピードモーターガレージ(福岡県)からは原田選手、
そして今回は四国からモトプリサイスさんも会場入りした。

インポーターとディーラーがユーザーの為に会場で最善を尽くす。
レースをする上で、理想とされるスタイルなのだが、
これまでのエンデューロ会場で
ハスクバーナほどの支援体制は他になかった。
ディーラーとしてだけではなく、
現役の石井が、今季もまたハスクバーナを選び、そして満足する理由はそこにもあった。

***

石井が選び抜いて使用するアイテムの全ては、shopビアーズでお求め頂けます。
このページでも、様々な情報を引き続き発信していきます、どうぞご期待ください!

jncc爺ヶ岳戦のレポートは、まだまだ続きます!
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Dori
2011年06月13日 19:34
デジェンド石井先生、爺が岳お疲れ様でした。
完走おめでとうございます。
かなりハードなレースだった様ですね。

本業の方で都合がつかず足を運べずに申し訳ございませんでした。
後方より援護は引き続き行ないますので宜しくお願い致します。
またお店の方へ顔を出させて頂きます。

この記事へのトラックバック